意外と知らない、シャンプーの落とし穴!!

 
 

こんにちは!

トレサンパの濱口です!

お待たせいたしました、

今回は知っているようで知らないシャンプーの危険について

お話ししていきます!




一見脂漏性湿疹、皮膚炎みたい…でも実は…

 

先日ご相談にいらっしゃったお客様、、、。

頭皮が全体にかゆいとおっしゃいます、フケも出ているし、

ところどころに赤い湿疹のようなものもある、

「これは脂漏性湿疹・皮膚炎かな?」と思いました。

抜け毛が異常に多く、かなり薄くなりボリュームダウンしていたので、

発毛サロンにも行き、そこのケアが皮膚に刺激が強かったので、

別のサロンにも通ったらしいです。


炎症.jpg


いずれのサロンでも皮膚科でも、かゆみ、フケ、赤み、異常な抜け毛の原因が

わからず、全く改善しなかったので、

ブログをご覧になった上でご相談にいらっしゃいました。



直接拝見したところ、上記のような症状のため

脂漏性湿疹の場合に使う製品を使ったのですが、

どうも反応が微妙のように感じていました。

 

 

《大量のシャンプー剤の残留》

 

当店では、ご来店いただき、カウンセリングの後シャンプーをしていきます。

シャンプーの際、はじめにお湯で流します。

その時です、お湯を頭皮に当てると泡が大量に流れ出てきました。


最近は、シャンプーのすすぎ残しを意識していらっしゃる方もいますので、

久しぶりにシャンプー剤の残留を見ました。

シャンプーの残留が流れ出てしまうと、頭皮の痒みは100%なくなり、

フケも赤みもなくなり、髪もふんわりボリュームが出て

お客様は、「頭皮がスッキリして、とても軽くなった」とおっしゃっていました。

 

 




脂漏性湿疹・皮膚炎ではなく、シャンプー剤の残留が症状を出していたのです。

 

残留.jpg


ヘアケア製品は、もちろん成分も大事ですが、使い方も大事なんです!!

ちゃんと使わなと薄毛の大きな原因となると言えます。

育毛をしていくなら、必ず押さえておきたいですね。





ご予約はこちら⬇︎
TEL  0523221098

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA