「アトピー性皮膚炎」を劇的に改善できる方法とは⁉️

 

こんにちは、トレサンパ金山店の佐々木です。

 

あなたはアトピー性皮膚炎は完治すると思いますか?

答えは NOです!

 

 


 

よくある治療法としてあなたも耳にしたことがあると思いますが、

痒み、湿疹対策のステロイド剤を使用します。

このステロイド剤は対処法なので根本の原因の解決にはなりません。

 

 

アトピーは簡単言うと、免疫異常で発症するものなので

体質を変えなければ完治はしません。

でも体質を変えるなんてことは無理。だったらどうすればいい?

 


 

それは

 

アトピーと上手く共存していくしかない

 

完治とまではいかなくとも日常生活に影響が出ない程のレベルまで少しの工夫で

改善が可能になります!

 

 


 

その第一歩が

食事の見直し

 

たかが食事、されど食事

あなたは健康的な食事を気にしていますか?

単に食事の見直しといっても過度な食事制限をするわけではありません。

たった一つの食材の摂取を抑えるだけで劇的に改善されます!

 


 

その食材とは………….?

 

 

調理油

 

 

調理油の過剰摂取によるアトピーの悪化は

僕自身も経験しています。

 

しかし、アトピーを悪化させる食材といえば

 

乳製品や卵

 

を連想する方も見えますがこれはアレルギー反応による悪化なのでまた話が変わってきます。

 


 

調理油の過剰摂取による弊害は他にもあります。

 

・動脈硬化

・悪玉コレステロールの増加

・善玉コレステロールの減少

 

代表的なものを挙げるとこんな感じです。

アトピー患者ではない場合も、調理油の過剰摂取は肥満体系になりやすかったりと

目に見える部位も不健康になってしまいます。

 


 

しかし、ここで朗報です!

調理油の中でも良いとされる物があります。

そうそれは、、、、、

 

オリーブオイル

 

 

普通の調理油はリノール酸という成分多く含まれていて、

これがアトピーを悪化させる要因になります。

普通の調理油に比べてオリーブオイルはリノール酸の含有量が少ないので

良いと言えます。

 


 

そもそもアトピー性皮膚炎という病気は最近の数十年のもので

昔は煮物や漬物だったりと調理油をほぼ使わない料理が

多かったので

摂取量が少なかった訳です。

食の欧米化によって体内に摂取される油の量が増加しました。

その結果近年、アレルギー体質の人口が増加傾向にあります。

 


 

我々日本人は外国人と比べて今までは和食中心の食事だったのが、

急激に油が大量に体内に摂取された事により身体が異常反応を

起こしアレルギーが出てしまっています。

 

なので調理油の摂取を抑えるだけでアトピーの反応を

抑えることが可能なのです!

 

具体的に何をすればいいのか?

・揚げ物を控える

・マーガリンの使用を控える

・ポテチなどスナック菓子を控える

 

 

などなど

 

簡単なことばかりです

特に症状が悪化している場合は上記の様な食事は抑えたほうが

改善も早いでしょう。

 

 


 

 

今回紹介したものはアトピーによる症状がひどい方だけでなく

肌荒れがひどくなりやすい今の季節に大変重要なことなのであなたもぜひ実践してみてはいかがでしょうか?

 

 


 

こちらのLINEからも、ご相談、ご予約受け付けております。

お気軽にご利用ください!

↓↓↓

友だち追加

 

次回 冬のアトピー性皮膚炎と乾燥肌対策についてご紹介していきます。

乞うご期待です!