アトピー性皮膚炎用のスキンケア対策5つのポイントとは?

 

こんにちは、トレサンパ金山店です!

 

今回はアトピー性皮膚炎の人のスキンケアは

そうではない人に比べ何を気をつけて行くべきなのかをご紹介します。

 

 

アトピー性皮膚炎の方は、肌の状態が菌や病原体の侵入に対して防御機能が低下した状態にあります。

 

 

それだけに、衣類や肌の清潔さを保つのはもちろん肌の水分・油分のバランス

とても重要になってきます。

 

 

痒い、痛い肌に正しいスキンケアを行うことは大変な努力が必要です。

ですが多くの医師も薬物療法とスキンケアは同じくらい重要と言っています。

なのでアトピー肌のスキンケアの5つのポイントをご紹介して行きます!

 

ポイント1

基本的なことを守る

 

 

 

そもそも基本的なこととは?

 

例えば汗をかけばでタオル拭い肌着を着替え、

一度使用したタオルや衣類は洗濯する。

毎日の入浴、保湿剤や軟膏を塗る前に患部を清潔にする。

 

上記の事当たり前だと思うかもしれませんが、自分に問いかけて見てください

初歩的なことを怠っていませんか? 

 

僕自身できていると胸張ってできていますとも言い切れません。

何事も基本を忠実に行うことでうまく行きますので大前提としてこれだけは抑えておきましょう。

 

 

ポイント2

保湿

 

 

脂性肌の人はアトピー性皮膚炎になりにくく、アトピーの方のほとんどが

カサカサ肌だと言えます。

 

その原因とも言えるのが

肌の角質層の水分に関わりのあるセラミド層の結合が弱く、

隙間状態があってそこから水分が蒸発してしまいます。

 

つまり

 

アトピーの方は保湿能力が低い

 

ということになります、なのでカサついた時は

保湿剤を塗るか、化粧水をつけるなどして

保湿はしなければならないのです!

 

 

ポイント3

汗をかかなくても毎日入浴をする

 

 

入浴はシャワーではなく、
ゆっくり10分程度お湯につかってください。


お湯の温度は39~42℃程度が目安になります。

 

入浴中はタオルでこすりすぎるのは止めましょう。

 

お湯から出たら、すぐに保湿剤を塗っておくことで

皮膚のうるおいは保てます。

 

できる限り入浴後は体を冷やしましょう、熱を持ったまま睡眠してしまうと

睡眠時に患部を掻きむしってしまいやすくなるので気をつけましょう!

 

 

 

ポイント4

シャンプー選びは慎重に!

 

 

シャンプーや石鹸を使ってアトピーが治ることは絶対にありません!

 

基本的には刺激物になるのでなるべく

刺激が少ないものを使用するようにしましょう。

 

はじめにも書いた通り患部を清潔に保つ事はとても重要です。

しかし清潔にするために使用するものに 界面活性剤 なるものが

入っていては悪化するに決まってます。

 

なので使用する物には充分に気をつけましょう!

 

 

 

ポイント5

高価なスキンケア用品は効果がある

と考えるのは錯覚です

 

 

粧品会社各社ではアトピー用としてさまざまなスキンケア用品が市販しています。

サンプルでいろいろ試してみて安心でき気に入ったものを末永く使うようにしてください。

 

なお一般感覚で通常品より倍以上の値段設定のものは、健康弱者の足元を読んだ「ボッタクリ商法」などもあるので注意してください。

 

基本的にアトピ肌に対しては

 

オリーブオイル、馬油、つばき油、月見草油(ボラージ)など何の加工もしない「生成り」

のものが刺激も少なく肌には良いでしょう。

 

 

以上がスキンケア対策をして行く上で重要になるポイントです!

 

あなたはこの5つのポイントを守れていますか?

 

守れている方も守れていなかった方も

もう一度基本を見直し共に改善してきましょう

 

 

次回は 

アトピー性皮膚炎 日常の7つの注意事項

についてです

乞うご期待!

 

 

アトピーに関する無料相談はこちらから

↓  ↓  ↓

友だち追加

 

トレサンパ金山店について

 

営業時間

平日 12:00~22:00
21:30(カット)
20:30(カラー)
土・日・祝日 9:00~19:00
18:30(カット)
17:30(カラー)

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせはこちらから

↓  ↓  ↓

052-322-1098