アトピー 秋冬に向けての対策と予防 すぐにできる3つのポイント

 

こんにちは、トレサンパ金山店です。

今回は、秋のアトピー対策についてお話を進めていきます。

・夏の期間でアトピーが悪化してしまった。

・日焼けで肌がボロボロになってしまった。

・季節の変わり目にに、痒みが出やすく荒れやすい。

アトピー患者のかたは、このようなことで悩みがつきませんよね、、、。

実際に僕自身も夏はアトピーが悪化しやすいです。

ジムでトレーニングもしているので汗をかかないというのは、

とうてい無理な話です。

少し前は、家族で出かけても常に首、ひじの内側をぼりぼり、、、。

ひどいときは掻きすぎて出血なんてこともたびたびありました。

そのたびに、憂鬱になり悪くないのに家族に申し訳ない気持ちになったり、、、。

もう出かけたくない、なんてことも思ってましたね。。

 

でも、今年は筋トレ、食事管理、スキンケアをしっかり行ってきたので、

例年よりもとても楽で、早く家族で出かけたいなーと思っていたぐらいです。

とはいっても、始めてすぐはよくならないので、

今回はすぐきできる夏の終わりに向けてのケア、対策をご案内しましょう。

 

1、汗をかいたら、タオルやウェットティッシュでこすらず抑えるようにふきとる。

夏に悪化しやすい要因として、まず汗です。

もう少し暑い日が続きそうですので。

大量の汗のせいで、皮膚が刺激されるからです。皆さんもよくご存じだと思います。

できれば、すぐにシャワーを浴びたいところです。

おすすめは、冷感タオルです。患部を冷やして汗も拭きとれます。

何度も使えるのがうれしいですよね。

 

2、紫外線も大敵、日焼け止め・アフターケアを忘れずに。

洋服も薄着になる夏は、肌の露出が増えがちです。

紫外線は刺激が強いので、腕や足のかゆみが出ることがあり、

過度に強い紫外線を浴びると皮膚がダメージを受けて、免疫力が

低下してしまうことがあり、日焼けは乾燥の原因にもなります。

外に出るときは、なにか羽織るものを用意したり日焼け止めを使用しましょう。

ただし日焼け止めは、ものによっては皮膚炎をおこしかねますので

皮膚科医の診断や専門家の判断を仰ぎましょう。

また、日焼けをしてしまったあとは、

皮膚の鎮静効果のある化粧水をまめにつけるようにして、

乾燥もしやすなるので、保湿も忘れないようにしましょう。

 

3、夏が終わるからと油断せずに、季節の変わり目こそしっかりケアを!!

夏から秋冬にかけて、湿度の低下による乾燥がバリア機能を

さらに低下させ皮膚炎や痒みを引き起こす可能性が高くなります

そこで、肌のバリア機能を高めるセラミド、

肌を柔らかくするコラーゲン、保湿力を高めるヒアルロン酸

肌に必要な成分をしっかり補給しましょう。

トレサンパでは、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸の原液を

肌に効率よく吸収させるメニューをご用意しております。

自宅ではもちろん定期的なサロンケアをおすすめします。

 

まとめ

・夏の間に荒れてしまった状態をそのままにしない。

・悪化してしまう原因と対策を理解しておく。

・自宅のケアは面倒でも行い、

 定期的に専門家に相談とケアをしてもらう。

 

しっかり予防と対策をして、楽しく素晴らしい毎日を過ごしましょう!!

 

ご予約の受付、ご相談などこちらからも受け付けております。

お気軽にご利用ください!

 ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加

 

*当店はアトピーの治療を目的としておりません、

症状の軽減と予防、対策を目的としております。

重度のかたは、皮膚科の受診をおすすめいたします。