薄毛は毛根に情報が、、、! 大事なシグナルとは?

 

こんにちは、名古屋金山のメンズサロン・トレサンパ金山店の濱口です。

 

今回は抜け毛とそれに密接に関係する毛根の状態についてお話させていただきます。

 

・最近抜け毛が増えた気がする。

・抜け毛が短い毛が多い気がする。

・以前抜け毛が多かった時期がある。

 

こんな方が要注意! 最後まで読んでください。

 



1.抜け毛が多かった時期はいつか


2.どのような毛が抜けているか
 

 

 

○抜け毛は脱毛症の第1シグナル

 

 

脱毛症の1番初めの症状は抜け毛が増えてくる事です。

 

髪の毛が細くなっていき自分でも「元気がない」「以前より細くなっている」

と感じるようならもう薄毛は進行してしまっております

 

 

トレサンパ金山でも毛髪診断をさせて頂いております。「最近抜け毛が多くなった」と、相談に来られる方がとても増えています。
一日の抜け毛の平均は50本くらいですが、これは個人差が大きく、季節や体調により変化があります。また、一過性の抜け毛もあるので一概に多い少ないとは言えません。 

それに、20本しか抜け毛が無くても15本しか生えなければマイナスですし、70本抜けても70本生えてくればいいわけです。


抜け毛は本数ばかりをきにしないで、下記のことに注意しましょう。

 

○自然脱毛の毛根

 

毛の平均寿命は、男性4年、女性で4〜6年はあり、その寿命を終えて抜けた毛の毛根はマッチ棒のようになっています。毛根部が毛幹部より太いほど再生力は強いと考えて下さい。

しかし、頭皮が弱り毛が衰えてくると、4年ある寿命が次第に短くなってきて、寿命が2年以下になってくると、画像のような毛根になります

毛根像比較.jpg



この状態で放置しておくと、次に生えてくる毛の寿命は必ずもっと短くなりますかといって、自然脱毛の毛根が多いと安心していたら、薄毛は静かに進行していきます。

同じ自然脱毛でも、細胞の活性度・寿命・環境など、いずれも違うので、抜け毛の本数ばかりをきにしていると育毛の時期を失います。

 

まとめ

 

 

・毛根から得られる情報はとても多いです。脱毛症にも様々な脱毛症があり、それを見極めるのに必要な情報です。

 

・短い先の尖った毛髪が抜けていれば、危険信号!すでに髪の寿命が短くなっています。そんな方はすぐに治療を始めましょう。

 

 

トレサンパの発毛の詳細はこちら

↓   ↓    ↓

https://nagoya-ikumotressympa.com

 

ご相談、お問い合わせ、ご予約はこちら

↓   ↓ ↓

発毛用

 

 

カットコース用

 

 

 

トレサンパ金山の詳細、コース、メニューの詳細はこちら

 

Home